敏感肌に良いクレンジングを選ぶ|ランキング上位の商品を探す

女性

洗う際に刺激を与えない

スキンケア

こすりすぎと洗いすぎ

敏感肌タイプのクレンジングで注意する点は、こすりすぎないことと、洗いすぎないことです。メイクや汚れをしっかり落とそうとするあまりに、肌をごしごしとこすってしまうことがあります。敏感肌タイプは、摩擦にも弱いのでこれでは肌を傷つけてしまいます。洗いすぎも、逆効果です。肌には適度な油分が必要です。過度の洗顔で、油分を落としすぎてしまうと乾燥の原因になります。洗う水の温度にも気をつけましょう。ぬるま湯がおすすめです。時間に余裕があるときは、クレンジングする前に、ホットタオルを顔にあてると良いでしょう。じんわりと毛穴が開き、クレンジングの際に汚れが取れやすくなります。クレンジング後は、肌が乾燥しないうちにしっかり保湿をしてください。

界面活性剤フリー

敏感肌用のクレンジングは、次々に新しいものが発売されています。こまめにランキングサイトをチェックしてみましょう。このような敏感肌用クレンジングのランキングで上位のものには、いくつかのタイプがあります。オイルフリーのものや、美容液成分配合のものがあります。石油系の界面活性剤不使用のものが、ランキングサイトでも人気のようです。クレンジング用のオイルの中でもホホバオイルのような天然成分のものは、肌への刺激が少ないです。しかし石油系のものは洗浄力が強い上に、肌表面に残りやすいようです。敏感肌の方は避けたほうが、無難でしょう。ランキングサイトでは、それぞれ使用した人の口コミが投稿されているので、同じ敏感肌の方の意見を参考にしてみてください。